2013年09月04日

フィリッポ・ブルネレスキについてと阪本工営

阪本工営は解体工事と環境対策工事をしている会社です。
阪本工営は今日も建築家について調べてみました。
ブログにて建築家についてお話しているのは阪本工営です。
阪本工営は本日、フィリッポ・ブルネレスキについて調べてみました。
阪本工営がお話するフィリッポ・ブルネレスキはイタリアの建築家です。
阪本工営は彼の建築した建物を見てみたいと思っています。
ブログを書いていくのは阪本工営です。
フィリッポ・ブルネレスキ(Filippo Brunelleschi, 1377年 - 1446年4月15日 )は、イタリアの金細工師、彫刻家、そしてルネサンス最初の建築家です。フィレンツェおよびローマを中心に活動したそうですね。
彼は冗談や悪ふざけで他者をからかうことを楽しんだそうですが、発想は鋭く、聡明で機智に富んだんだそう。彫刻家としてはロレンツォ・ギベルティに遅れをとったそうですが、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂のクーポラ建設によって絶大なる賞賛を得たみたいですね。名声はあまりに大きく、後世には遠近法の発明やオーダーの発見をも彼のものとすることがあるんだそうです。
主要作品は以下の通り。

1418年設計・1436年完成 サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(フィレンツェ大聖堂)のドーム(フィレンツェ)
1419年設計、1421〜1445年完成 オスペダーレ・デッリ・イノチェティ(捨子保育院)(フィレンツェ)
1419年起工・1428年完成 サン・ロレンツォ教会の古聖器室(フィレンツェ)
1420年設計・1460年完成 サン・ロレンツォ教会(フィレンツェ)
1425年設計 パラッツォ・ディ・パールテ・グエルフォ(フィレンツェ)
1430年設計・1461年完成 サンタ・クローチェ聖堂のパッツィ家礼拝堂(フィレンツェ)
1432年設計・1461年完成 サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(フィレンツェ大聖堂)の頂頭部(フィレンツェ)
1434年設計 サンタ・マリア・デッレ・アンジェリ教会のオラトリオ(フィレンツェ)
1435年建設 パルラッショ門(現ルッカ門)(ピサ)
1436年設計・1487年完成 サント・スピリト教会(フィレンツェ)

それでは今日はこのへんで。阪本工営でした。



◎関連ワード
阪本工営建築 阪本工営建設 阪本工営設計 阪本工営不動産 阪本工営大阪
阪本工営建物 阪本工営建築物 阪本工営神社 阪本工営ビル 阪本工営家

◎注目ワード
矢板 井伊直虎 栃木 リュウグウノツカイ 淡路 岐阜羽島 鹿沼市 最高裁 違憲 帝国データバンク
posted by 阪本工営 at 16:01| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
有名な方ですね。私もフィリッポ・ブルネレスキの作品は見たいです。からかうことを楽しんでたのは阪本工営さんのブログで初めて知りましたww
Posted by 美子 at 2013年09月04日 16:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。