2013年06月24日

ウルネスの木造教会についてと阪本工営

阪本工営がお話するブログです。
阪本工営は今日も建築物について調べたことをご紹介させていただきます。
阪本工営はウルネスの木造教会について調べました。
ブログを運営しているのは阪本工営です。
阪本工営は汚染土壌撤去工事を行なっております。
阪本工営はダイオキシン汚染設備撤去工事を行なっております。
今回ウルネスの木造教会についてお話するのは阪本工営です。
ウルネスの木造教会(ノルウェー語・ブークモール、ニーノシュクともにUrnes stavkirke)は、ノルウェーのソグン・オ・フィヨーラネ県にある教会ですね。ノルウェー語でスターヴ(stav)は、「垂直に立った支柱」のこと、キルケ(kirke)とは教会のことだそうです。
1979年に、ユネスコの世界遺産に登録されたこの教会は、ルストラフィヨルドを望むことができ、高さ120メートルの崖の上にあり、現在は、ノルウェー考古物保存教会(en:Society for the Preservation of Norwegian Ancient Monuments)が所有しているとのこと。教会では時々、ミサが催されているそうです。教会の入口と北側に面している壁面には、古典的なウルネス様式の蔓のような装飾が施されているて、図像学的に、これらの蔓用の装飾が意味するものとは善と悪の永遠なる戦いであることを意味するそうですね。キリスト教的図像学において、ライオンはキリストを意味し、サタンを一般に意味する蛇と闘っていると考えられているようです。
一方で、早期の教会建築においては、北方神話の場面を装飾で現している可能性もあるのだとか。北方神話での解釈に立てば、ニーズヘッグとして解釈されている動物はユグドラシルの根をかじっているという解釈になるんだそうです。
興味深いですね。是非行って見てみたいです。
それでは。阪本工営でした。

◎関連ワード
阪本工営ノルウェー 阪本工営教会 阪本工営ウルネスの木造教会 阪本工営汚染土壌撤去工事 阪本工営ダイオキシン汚染設備撤去工事 阪本工営堺市 阪本工営建築物 阪本工営大阪 阪本工営北方神話 阪本工営教会建築

◎注目ワード
mirraz セブン銀行 タナゴコロ 松下玲子 ミイラズ 国家公務員総合職 ウサインボルト 日本文学 くも膜下出血 オネメン
posted by 阪本工営 at 13:09| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウルネスの木造教会、阪本工営さんがお話しているので見てみましたがいいですね!私も行ってみたくなりました!
Posted by 鷹尾 at 2013年06月24日 14:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。