2013年05月21日

プエルタ・デ・エウローパについてと阪本工営

阪本工営がお話するブログです。
阪本工営は今日も建築物についてお話します。
阪本工営は大阪にあります。
阪本工営は堺市にあります。
お話するのは阪本工営です。
阪本工営はプエルタ・デ・エウローパについてお話します。
管理人は阪本工営です。
プエルタ・デ・エウローパ(Puerta de Europa)はスペインの首都マドリードにあるツインタワーですね。「ヨーロッパの門」の意味である。マドリードを南北に貫く大通り・カステジャーナ通り(Paseo de la Castellana)の北端近くにあり、通りに覆いかぶさるように2つのタワーが向かい合って建っています。
高さ115m、26階建てのツインタワーで、着工は1990年、完成は1996年だそうですね。設計はフィリップ・ジョンソンとジョン・バーギーとのこと。2つのタワーとも15°傾いているのが特徴です。
チャマルティン駅の近くにあり、チャマルティン駅の西のカステジャーナ通り沿いには、マドリードで最も高いトーレ・カハ・マドリッド(250m)など200mを越える超高層ビルが4棟建設され、マドリードの新たなランドマークとなったが(クアトロ・トーレス・ビジネス・エリア)、独特のデザインが異彩を放つプエルタ・デ・エウローパは今もマドリードを代表するランドマークになっているとのこと。
一度見てみたいですね。それでは。阪本工営でした。

◎関連ワード
阪本工営建築 阪本工営建設 阪本工営設計 阪本工営不動産 阪本工営大阪
阪本工営建物 阪本工営建築物 阪本工営神社 阪本工営ビル 阪本工営家

◎注目ワード
あたらしあらし 知恩院 一人焼肉 匿名性 高山久 191万 雲取山 ホールドオン テレフォンショッキング pc遠隔操作
posted by 阪本工営 at 16:03| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

ビクトリア州立図書館についてと阪本工営

阪本工営は大阪にある会社です。
阪本工営は今日もブログを更新します。
お話するのは阪本工営です。
阪本工営は今日も建築物を紹介させていただきます。
阪本工営は環境対策工事を行なっています。
ブログの管理人は阪本工営です。
阪本工営はビクトリア州立図書館について調べました。
ビクトリア州立図書館(State Library of Victoria)は、メルボルンに位置する図書館ですね。150万冊の著作物、ジョン・バットマン、ジェイムズ・クック、ジョン・パスコ−・フォークナーの手記などが所蔵されています。
1853年に副総督チャールズ・ラ・トローブ(Charles La Trobe)、レドモンド・バリ−(Redmond Barry)により建設が決定され、後にメルボルン市庁舎(Melbourne Town Hall)、王立展示館を建設するジョセフ・リードが設計者に選出されたそう。
1854年7月3日、メルボルン大学と共に礎石が敷かれ、1856年、開館したそうですね。その時の所蔵数は3,800だったそうです。
1859年、Queen's Reading Room (現在の Queen's Hall)が開設され、1913年にはDomed Reading Roomが開設。
1959年、Domed Reading Roomの天窓が改築されたそうです。
では今日はこのへんで。阪本工営でした。

◎関連ワード
阪本工営建築 阪本工営建設 阪本工営設計 阪本工営不動産 阪本工営大阪
阪本工営建物 阪本工営建築物 阪本工営神社 阪本工営ビル 阪本工営家

◎注目ワード
ソナポケ shamanippon 西野カナ 横浜ベイエリア 三澤紗千香 hide spyair 上念 ヒルナンデス 日本映画批評家大賞
posted by 阪本工営 at 13:05| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。