2013年04月10日

ヴュルツブルクのレジデンツについてと阪本工営

阪本工営がお話するブログです。
阪本工営は今日も気になった建築物を紹介させていただきます。
お話するのは阪本工営です。
阪本工営はドイツの建築物について調べました。
阪本工営が調べたところ、ヴュルツブルクのレジデンツというものがあるようですね。
阪本工営はヴュルツブルクのレジデンツについて書いていこうと思います。
調べてきたのは阪本工営です。
ヴュルツブルクのレジデンツ(独:Würzburger Residenz)は、ドイツのヴュルツブルクにある大司教の宮殿だそうです。バロック建築様式を代表するヨーロッパでも屈指の宮殿であり、バルタザール・ノイマンの設計により、18世紀に建てられたんだとか。
建物内には、様々な部屋があるそうですが、中でも有名なのは、「階段の間」で、柱の無い広大な吹き抜けに、画家ティエポロの描いた、世界で一番大きいフレスコ天井一枚画があるそうです。この吹き抜けは当時としては常識外れの設計で、「設計ミス」、「絶対に崩れる」などと酷評されたそうですが、ノイマンは「砲弾を打ち込まれても崩れない」と反論したそう。第二次世界大戦の空襲でここだけ天井が残った事でノイマンの言は証明されたんだそうです。その頑丈さの秘密は建材に軽くて丈夫で耐火性がある凝灰岩を使ったからだったんですね。また、レジデンツの裏にはホーフ庭園がひろがっているようです。
では今日はこのへんで。阪本工営でした。

◎関連ワード
阪本工営建築 阪本工営建設 阪本工営設計 阪本工営不動産 阪本工営大阪
阪本工営建物 阪本工営建築物 阪本工営神社 阪本工営ビル 阪本工営家

◎注目ワード
山賊 相関 陸上自衛隊大宮駐屯地 上原さくら 横浜市 エムネット usj迷惑問題 谷根千 誤報 久光製薬
posted by 阪本工営 at 15:00| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。