2013年02月06日

木子七郎さんについてと阪本工営

阪本工営です、こんにちは。
今日もよろしくお願いします。
今回は、木子七郎さんについて、阪本工営が調べましたので、紹介させていただきます。よろしくお願いします。
木子七郎さん(きご しちろう、明治17年(1884年)4月30日 - 昭和30年(1955年))は、大阪を拠点に、多くの公共建築などの設計を手がけた建築家だそうですね。とりわけ、妻・カツの父・新田長次郎(新田帯革製造所(現・ニッタ)創始者)の出身地である愛媛県に多くの名建築を残したそうです。
木子さんの主な作品は以下の通り。
・大阪国技館(初代)(1919年(大正8年)、現存しない)
・旧山陰合同銀行出雲支店(1920年(大正9年)、旧簸川銀行本店、島根県出雲市)
・萬翠荘(旧・久松伯爵本邸、1922年(大正11年)、愛媛県松山市、重要文化財)
・石崎汽船(1925年(大正14年)、松山市、登録有形文化財)
・旧新田邸(現・松山大学温山記念会館、西宮市、登録有形文化財)
・愛媛県庁舎(1929年(昭和4年)、松山市)
・鍵谷カナ頌功堂(1929年(昭和4年)、松山市、登録有形文化財)
・松江商工会議所(1929年(昭和4年)、島根県松江市)
・新田ビル(旧新田帯革製造所東京出張所、1930年(昭和5年)、東京都中央区、現存しない)
・新潟県庁舎本館(1932年(昭和7年)、新潟市、現存しない)
・日本赤十字社大阪支部病院(1934年(昭和9年)、大阪市天王寺区、現存しない)
・関西日仏学館(1936年(昭和11年)、原案:レイモン・メストラレ(Raymond Mestrallet:フランス人)、設計監督:木子七郎、京都市左京区、登録有形文化財)
萬翠荘や鍵谷カナ頌功堂などなど、いい作品ばかりですよね。
では今日はこのへんで。阪本工営でした。



◎関連ワード
阪本工営建築 阪本工営建設 阪本工営設計 阪本工営不動産 阪本工営大阪
阪本工営建物 阪本工営建築物 阪本工営神社 阪本工営ビル 阪本工営家
posted by 阪本工営 at 13:07| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。