2012年10月26日

木子幸三郎さんについてと阪本工営

こんにちは!阪本工営です。
今日もよろしくお願いします。
今回は、木子幸三郎さんについて、調べたことを阪本工営スタッフがお話させていただきますね。
木子幸三郎さん(きご こうさぶろう、明治7年(1874年)8月29日 - 昭和16年(1941年)2月14日)は、日本の建築家ですね。皇室関係の建築を多く手がけたことで知られています。
主な作品は以下の通り。
・旧竹田宮邸 洋館(現 グランドプリンスホテル高輪 貴賓館、1911年、東京都港区、片山東熊と共同設計)
・旧小樽区公会堂(現小樽市公会堂、1911年、小樽市)
・福島県迎賓館(旧 高松宮翁島別邸日本館、1923年、福島県猪苗代町、重要文化財)
・旧十二銀行函館支店(旧 函館信用金庫本店、1926年、函館市)
・富士屋ホテル食堂(1930年、神奈川県箱根町、登録有形文化財)
・三共品川工場本館(1932年、東京都品川区)
・駐日ローマ法王庁(旧鈴木忠治邸、1934年、東京都千代田区)
福島県迎賓館やグランドプリンスホテル高輪 貴賓館、いいですよね。
いつか実物を見てみたいです。
では今日はこのへんで。阪本工営でした。

posted by 阪本工営 at 11:31| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月25日

松室重光さんについてと阪本工営

阪本工営スタッフです。こんにちは。
今日もよろしくお願いします。
今回阪本工営スタッフがお話するのは松室重光さんについて。
松室重光さん(まつむろ しげみつ、1873年4月26日 - 1937年1月30日)は、京都を中心に多くの建築物の設計を手がけた建築家ですね。ネオ・ルネサンス様式の名建築として知られる京都府庁舎旧本館や、京都ハリストス正教会聖堂などの設計などで知られているようです。
京都府技師として新築設計を手がける一方で、京都の社寺建築の修復・保存にも実績を残しましたが、部下の汚職に連座したとして官職を辞します。その後は九州鉄道技師を経て、恩師・辰野金吾の推薦により関東州(旅順・大連地域)の行政機関である関東都督府民政部に着任したそうですね。1908年3月の着任から近藤伊三郎が部下となる1916年8月までの8年間は、民政部土木課の唯一人の建築技師だったとのこと。この期間に関東都督府が建設した20件を超す建築物の殆どに設計者として関わったと見られ、16件については自筆のスケッチが残されているようです。
主な作品は以下の通り。

京都市武徳殿(京都市、1899年)
京都ハリストス正教会聖堂(京都市、1901年)
京都府庁舎旧本館(京都市、1904年)
関東都督府博物館(中華人民共和国大連市、1918年)
大連市役所(中華人民共和国大連市、1920年)
武田薬品本社(大阪市、1928年)
武田長兵衛邸(1931年)

京都ハリストス正教会聖堂や京都府庁舎旧本館などなど、どの建物も洗礼されてていいですよね。
では今日はこのへんで。阪本工営スタッフでした。

posted by 阪本工営 at 11:56| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月24日

武田五一さんについてと阪本工営

阪本工営ブログです。こんにちは。
今日も建築家について、阪本工営スタッフがお話させていただきます。よろしくお願いします。
今回お話するのは武田五一さんについて。
武田五一さん(たけだ ごいち、明治5年11月15日(1872年12月15日) - 1938年(昭和13年)2月5日)は、備後福山藩(現・広島県福山市)生まれ、「関西建築界の父」とも言われる日本の建築家で、近代日本を代表する建築家の一人ですね。ヨーロッパ留学で影響を受けたアール・ヌーボー、セセッションなど、新しいデザインを日本に紹介した建築家とも言われています。建築以外にも工芸や図案・テキスタイルデザインなども手掛けていたんだとか。フランク・ロイド・ライトとも親交があり、国会議事堂建設をはじめ多くのプロジェクトに関与していたそうです。法隆寺、平等院などの古建築修復にも関わりが深いと言われていますね。
主な作品は以下の通り。

日本勧業銀行本店(1899年、数回の移築を経て現在は千葉トヨペット本社) 妻木頼黄と共同
名和昆虫研究所記念館(1907年、岐阜市)
京都府立図書館(1909年、京都市)
円山公園(1912年、京都市)
同志社女子大学ジェームス館(1913年、京都市)
順正・清水店(1914年、京都市)
清水橋(1914年、東京都文京区)
求道会館(1915年、東京都文京区本郷 東京都指定有形文化財)真宗大谷派僧侶の近角常観が開設。
何有荘洋館(1916年、京都市)
瀧安寺鳳凰閣(1917年、箕面市)
芝川又右衛門邸(西宮市甲東園から博物館明治村に移築)
山口県庁舎(1916年) 妻木頼黄、大熊喜邦と共同
東本願寺内侍所
大連市街地計画
旧仙洞御料庄屋屋敷「西尾邸」 離れ (吹田市)
河合橋(1918年、京都市)
葵橋(1918年、京都市)
那覇市役所(1919年、沖縄県)
白河院(1919、京都市)
名和昆虫博物館(1919年、岐阜市)
昆虫碑(1919年、岐阜市)
自邸(1920年、京都市)
五龍閣(1921、京都市)
京都大学建築学教室本館(1922年、京都市)
聖トマス学院(1923年、京都市)
桜之宮公園(1923年開園、大阪市)
紫織庵指導(川崎家住宅、1924年、京都市)
春陽堂本社屋(1924年、京都市)
淀屋橋修正設計(1925年、大阪市)
肥後橋(1926年、大阪市)
渡辺橋(1926年、大阪市)
甲子園大遊園計画(1926年、西宮市)
京都市役所(東半分1927年、西半分1931年)中野進一と共同
藤井斉成会有鄰館(1926年、京都市)
島津製作所河原町別館(1927年、京都市)
1928ビル(旧毎日新聞社京都支局)(1928年、京都市)
御大礼京都市街路装飾(1928年、京都市)
対岳文庫(岩倉具視関連資料の収蔵庫)(1928年、京都市)
桜宮橋(通称「銀橋」)(1930年、大阪市)
鶴見橋(1930年、岡山市)
京都大学人文科学研究所附属漢字情報研究センター(旧東方文化学院京都研究所)(1930年、京都市)
旧熊本大学医学部図書館(1931年、熊本市)
賀茂大橋(1931年、京都市)
同志社女子大学栄光館(1932年、京都市)
春田文化集合住宅(1928年、1932年、愛知県)
昭和橋(1932年、大阪市)
書寫山圓教寺摩尼殿(1933年、姫路市)
三朝大橋(1934年、鳥取県 登録有形文化財)
平野橋(1935年、大阪市)
関西電力京都支店(旧京都電燈本社屋)(1937年、京都市)

求道会館や京都市役所、いいですよね。
では今日はこのへんで。阪本工営でした。

posted by 阪本工営 at 12:04| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。