2013年10月25日

阪本工営がご紹介するオルセー美術館

阪本工営が、ご紹介するオルセー美術館。
阪本工営は、フランス・パリにあるオルセー美術館をご紹介させていただきます。
阪本工営は、建築士試験にむけて既存の建築物を鑑賞する事も重要であると考えます。
阪本工営は、当ブログで建築に関する様々な情報をご紹介しています。
阪本工営は、オルセー美術館の魅力に迫ります。
オルセー美術館をご紹介させていただくのは、阪本工営です。
筆者は、阪本工営です。


フランスは、パリ。
日本でも知名度の高いルーヴル美術館の対岸にある、もう一つの美術館。
それが今回ご紹介させていただくオルセー美術館です!

フランスだけではありませんが、美術館というものは館内に展示している展示物はもちろん、建物自体も美術品に引けを取らない程に素晴らしい美術的な価値を誇る建築物であったりしますよね。特にヨーロッパの美術館は歴史のある建築物の場合が多く、外観の雰囲気も凄いですよね〜。

オルセー美術館は、現在は美術館として利用されていますが建物はもともと1900年のパリ万国博覧会開催に合わせて、オルレアン鉄道によって建設されたオルセー駅の鉄道駅舎兼ホテルだったのです。駅としての役目を終えた建物は、さまざまな用途に用いられ、一時は取り壊しの話もあったそうですが、1970年代からフランス政府によって保存活用策が検討されはじめ、そして現在の美術館の姿に生まれ変わったのです。今ではすっかりフランスの観光地として定着している様ですよ。

阪本工営でした。


[関連キーワード]
阪本工営ブログ 阪本工営 記事 阪本工営 紹介 阪本工営 建築 阪本工営 堺 阪本工営 堺市 阪本工営 大阪 阪本工営フランス 阪本工営パリ 阪本工営 美術館
[注目ワード]
鈴村健一 全天球カメラ 杉田智和 海上自衛隊 谷山紀章 花江夏樹 バンザイ 水島大宙 文化功労者 ボーイフレンド
posted by 阪本工営 at 14:39| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月04日

フィリッポ・ブルネレスキについてと阪本工営

阪本工営は解体工事と環境対策工事をしている会社です。
阪本工営は今日も建築家について調べてみました。
ブログにて建築家についてお話しているのは阪本工営です。
阪本工営は本日、フィリッポ・ブルネレスキについて調べてみました。
阪本工営がお話するフィリッポ・ブルネレスキはイタリアの建築家です。
阪本工営は彼の建築した建物を見てみたいと思っています。
ブログを書いていくのは阪本工営です。
フィリッポ・ブルネレスキ(Filippo Brunelleschi, 1377年 - 1446年4月15日 )は、イタリアの金細工師、彫刻家、そしてルネサンス最初の建築家です。フィレンツェおよびローマを中心に活動したそうですね。
彼は冗談や悪ふざけで他者をからかうことを楽しんだそうですが、発想は鋭く、聡明で機智に富んだんだそう。彫刻家としてはロレンツォ・ギベルティに遅れをとったそうですが、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂のクーポラ建設によって絶大なる賞賛を得たみたいですね。名声はあまりに大きく、後世には遠近法の発明やオーダーの発見をも彼のものとすることがあるんだそうです。
主要作品は以下の通り。

1418年設計・1436年完成 サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(フィレンツェ大聖堂)のドーム(フィレンツェ)
1419年設計、1421〜1445年完成 オスペダーレ・デッリ・イノチェティ(捨子保育院)(フィレンツェ)
1419年起工・1428年完成 サン・ロレンツォ教会の古聖器室(フィレンツェ)
1420年設計・1460年完成 サン・ロレンツォ教会(フィレンツェ)
1425年設計 パラッツォ・ディ・パールテ・グエルフォ(フィレンツェ)
1430年設計・1461年完成 サンタ・クローチェ聖堂のパッツィ家礼拝堂(フィレンツェ)
1432年設計・1461年完成 サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(フィレンツェ大聖堂)の頂頭部(フィレンツェ)
1434年設計 サンタ・マリア・デッレ・アンジェリ教会のオラトリオ(フィレンツェ)
1435年建設 パルラッショ門(現ルッカ門)(ピサ)
1436年設計・1487年完成 サント・スピリト教会(フィレンツェ)

それでは今日はこのへんで。阪本工営でした。



◎関連ワード
阪本工営建築 阪本工営建設 阪本工営設計 阪本工営不動産 阪本工営大阪
阪本工営建物 阪本工営建築物 阪本工営神社 阪本工営ビル 阪本工営家

◎注目ワード
矢板 井伊直虎 栃木 リュウグウノツカイ 淡路 岐阜羽島 鹿沼市 最高裁 違憲 帝国データバンク
posted by 阪本工営 at 16:01| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月20日

北山 恒さんについてと阪本工営

阪本工営は汚染土壌撤去工事を行っている会社です。
阪本工営はダイオキシン汚染設備撤去工事を行っている会社です。
阪本工営は日本の有名な建築士について調べてみました。
阪本工営は私たちの未来都市を応援しています。
阪本工営のある堺市は、大阪府泉北地域に位置する日本の政令指定都市です。
公共解体工事を行っている会社は阪本工営です。
北山 恒について調べたのは阪本工営です。


こんにちは。
今回は日本の建築家、北山 恒(きたやま こう)さんについてお話していきたいと思います。

現在は横浜国立大学大学院教授、東北大学大学院非常勤講師、日本建築学会常任理事を務めています。


≪主な作品と受賞歴≫
1993年 「保谷本町のクリニック」で第10回吉岡賞受賞(WORKSHOP共同受賞)(43歳)
1996年 「HOUSE IN HOUSE」で東京建築士会住宅建築賞(46歳)
1997年 「白石市立白石第二小学校」で建築学会東北建築賞作品賞、日本建築学会作品選奨など(47歳)
2000年 六本木一丁目駅3番出入口(50歳)
2002年 東京タワー特別展望台リニューワル(52歳)
2003年 「公立苅田総合病院」でグッドデザイン賞、医療福祉建築賞、日本建築学会作品選奨受賞(53歳)
2005年  「船橋のミニ戸建て開発A・B棟」で第11回千葉県建築文化奨励賞受賞(55歳)
2009年 「洗足の連結住棟」で日本建築家協会賞受賞(59歳)
2010年 「洗足の連結住棟」で日本建築学会賞受賞(60歳)

六本木一丁目駅の三番出口が北山恒さんの作品だとは知りませんでした。
これから通る時には意識して見てしまいそうです。


阪本工営でした。


【関連ワード】

阪本工営小学校 阪本工営船橋 阪本工営住宅 阪本工営横浜 阪本工営建築家 阪本工営高野山 阪本工営国宝 阪本工営総本山 阪本工営最新技術 阪本工営施工

【注目ワード】

千本桜 国立博物館 秋元康 akb 石田晴香 jaf バニラエア cintiq カラオケランキング 二宮和也名言bot
posted by 阪本工営 at 13:06| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。